シャーベット・アイスクリームの賢い食べ方

シャーベットやアイスクリームは夏の定番デザートです。シャーベットやアイスクリームはポイントを押さえることで、さらにおいしく食べることが出来ます。こちらではシャーベットやアイスクリームの賢い食べ方についてご紹介します。

シャーベットの場合

気温が30度を超えると、デザートとして氷菓を食べたくなります。氷菓の一種であるシャーベットは、他のデザートに比べて低糖低カロリーヘルシーです。また乳固形分が少ないため、ダイエット時のデザートにも人気があります。様々なシロップを使うシャーベットですが、果汁を100%使っているものがおすすめです。果汁100%シャーベットは、さっぱりとした口当たりとフレッシュな味が楽しめ、果実に含まれている栄養も補うことが出来ます。

アイスクリームの場合

アイスクリームが食べたくなる温度は、27度前後といわれています。そんなアイスクリームは、マイナス10度前後が食べ頃です。また、マイナス18度以下で冷やす、ビニールに包む、再冷凍しないなど、保存方法を工夫するとアイスクリームの品質が保たれ、よりおいしく食べることが出来ます。

食べ方のポイント

午後3時から6時の間は1日の中で最も体温が高く、太りにくい時間帯といわれています。そのため、この時間帯に冷たいシャーベットやアイスクリームを食べると、さらにおいしく感じられるのでおすすめです。
また、冷たいものを食べたら、温かいお茶を飲むことにも意識しましょう。冷たいものを食べすぎると内臓が冷やされ、食欲不振や夏バテなどの原因になってしまいます。温かいお茶を飲むことでお腹を冷やしにくくなります。

これらのポイントを押さえておくことで、よりおいしくシャーベットやアイスクリームを楽しめます。

餞心亭おゝ乃は通販にて、高級生詰めおせち、果汁100%シャーベット、野菜アイスクリームなどをご提供しております。食材を厳選し製造直販にこだわっており、宅配サービスで安心安全なおいしさをお客様にお届けいたします。おせちや果汁100%シャーベットなどのご購入をお考えでしたら、お気軽に餞心亭おゝ乃までお問い合わせください。

Top